MENU
転勤族にのみや
転勤族「にのみや」です。米国投資とブログで資産形成について書いてます。転勤族や主婦の方に限らず、経済的自立に少しでも役立つ情報を発信したいと思ってます。

【職業訓練の欠席】失業保険は支給される!やむを得ない理由についても

職業訓練を欠席してもは失業保険はもらえるの?

 

結論:職業訓練を欠席しても、やむを得ない理由の証明書があれば失業保険は支給されます!

本記事を読むことで、
職業訓練を欠席しても失業保険をもらいながら通うことが出来ます。また、やむを得ない理由についても解説していきます。

皆さんこんにちは。転勤族にのみや(@nino3_desu)です。

※ただ約3年前のことなので、地域や今の事情と少し変わっている可能性があること、ご了承ください。

それでは詳しく見ていきましょう。

目次

職業訓練に通うと受給できる給付金

基本手当:いわゆる失業保険のこと。人によって金額が異なる。

通所手当:自宅から訓練施設までの交通費

受講手当:1日あたり500円が支給されます。

✔失業手当についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

【失業保険】金額を公開!知らないと損する!失業保険の延長と職業訓練のメリット 

職業訓練では欠席は認められますが注意が必要です!

職業訓練の授業を欠席するとその分失業保険はもらえません。

しかし、必要書類を提出し不備がなければ「やむを得ない理由」として扱われ、1日分が支給されます。

それでは「やむを得ない理由」とは一体なんでしょうか?

次に解説いたします。

やむを得ない理由の例

病気やケガで2-3日休みたい場合はどうする?

2日以上休みたい場合は、薬局でもらう薬袋のコピーも必要になります。
薬袋に記載されている「〇日分」という表記が、療養にかかる日数とみなされます。
療養にかかる日数も「やむを得ない理由」として認められ、「基本手当(失業手当)」と「通所手当」が支給されます。

その他のやむを得ない理由については、下記の通りです。

親族の看護
証明書:看護を受ける人の氏名が明記された領収書や診療報酬明細書、処方箋の写し

親族が危篤
証明書:病院または親族等から証明を受けた欠席事由証明書

配偶者・及び3親等内の命日法事(事前準備は不可)
証明書:案内状等の写し、または喪主から証明を受けた欠席事由証明書

本人の結婚式、または親族の結婚式
証明書:招待状や案内状の写し

自分の子供の入学式・卒業式
証明書:案内状等の写し

国家試験や検定等の資格試験を受験する場合
証明書:受験票等の写し

就職試験・面接
証明書:面接証明書(社印か代表社印があるもの)

交通機関の事故等
証明書:交通機関が発行した事故証明書・交通機関等のホームページの運行状況記載画面コピー等の該当日時、状況等が明確にわかるもの

詳細については自己判断せず訓練校に確認するのが確実です。

休みについて

・全体の出席率が8割未満の場合は、退校のリスクがある
・やむを得ない理由の休みは必ず証明書類が必要

参考:「やむを得ない欠席の判断に地域差あり」_総務省

金曜日の欠席は要注意!土日分が支給されない可能性も

 

本来は、基本手当(失業保険)は土日祝日分も日数として換算され、失業保険の給付対象です。

しかし、旅行などの私用で金曜日を欠席した場合、土日も連続で休んだとみなされ支給されません。

やむを得ない理由以外で金曜日に休むのは、極力避けた方がよさそうです。

実際、週末旅行した時は、金曜日の授業が終わった後に出発し2泊3日で出かけました。

そすることで、土日分も失業保険が全額支給されま

結論:やむを得ない理由の証明書があれば失業保険は支給される!

〇支給される
×支給されない
  • 丸1日欠席しても、やむを得ない理由の証明書があれば基本手当」と「通所手当」が支給される。
  • 理由が適切でも、証明書がなければ失業保険は支給されない。
  • 理由が「やむを得ない理由」に該当しない場合は支給はされない。

これだけ覚えておけば大丈夫です。

欠席をしても、やむを得ない理由の証明書があれば失業保険が支給されます。

いかがでしたか?

関連記事もぜひご覧ください。

【職業訓練の半日早退】理由不要!失業保険はもらえる|ただし注意事項も

【失業保険】金額を公開!知らないと損する!失業保険の延長と職業訓練のメリット

【デュアルシステム】失業保険をもらいながら企業実習|職業訓練

【職業訓練の面接】落ちる人の特徴|筆記試験・面接-質問と回答例

職業訓練・失業保険のまとめ記事一覧

それでは、またお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転勤族「にのみや」です。米国投資とブログで資産形成について書いてます。転勤族や主婦の方に限らず、経済的自立に少しでも役立つ情報を発信したいと思ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる