MENU
転勤族にのみや
転勤族「にのみや」です。米国投資とブログで資産形成について書いてます。転勤族や主婦の方に限らず、経済的自立に少しでも役立つ情報を発信したいと思ってます。
Rentioレンティオ クーポン 初回2000円OFF 詳細≫

新型デンキバリブラシ2.0+ボディと旧型デンキバリブラシを5項目で違いを比較!どっちがおすすめ?

新型デンキバリブラシが発売されたけど、旧型デンキバリブラシと比較して何が違うの?

結論は、リニューアルしたデンキバリブラシと従来のデンキバリブラシの違いは大きく分けて5つ。

違い5つ
  • デザイン
  • 全身に使える
  • EMSの刺激モード(連続・断続的・波モード)
  • 強さが4段階→5段階(もっと強く・もっと弱くが実現)
  • 金額

リニューアルしたデンキバリブラシと従来のデンキバリブラシおすすめの人は何を求めるかによって違います。

新型デンキバリブラシ
おススメの人
旧デンキバリブラシ
おススメの人
  • ボディにも使いたい人
  • 従来の刺激に比べもっと強く・もっと弱くを求める人
  • モードを選びたい人
    連続・断続的・波モード
  • 主に顔回りに使用する(頭・顔・首・肩・デコルテ中心)
  • 刺激の強さに満足してる(もっと強く・もっと弱くを求めない人)
  • 少しでも価格が安い方がいい人

従来の電気バリブラシをレビューしたので、ご参考にしてみてくださいね。

それでは、新型デンキバリブラシと旧型デンキバリブラシを5項目で違いを比較!どっちがおすすめ?を解説します。

タップできる目次

新型デンキバリブラシと旧型デンキバリブラシの比較表

新デンキバリブラシ
2.0+BODY
新型デンキバリブラシ1
旧型デンキバリブラシ
デンキバリブラシ画像
アタッチメントフェイス用
ボディ用
フェイス用
ピンの数フェイス用:32本
ボディ用:48本
フェイス用:32本
機能1,000回/秒
赤・青LED
1,000回/秒
赤・青LED
稼働時間5時間稼働(3時間充電)5時間稼働(3時間充電)
刺激の段階5段階4段階
搭載モード3モード(顔用)
2モード(ボディ用)
1モード
公式HP新型デンキバリブラシ旧型デンキバリブラシ
新型デンキバリブラシと従来のデンキバリブラシを比較

新型デンキバリブラシは、ワンタッチで着脱可能なフェイス用とボディ用のアタッチメントが追加されました。

ボディアタッチメントは、肩や背中、ウエストやヒップ、腕や脚など全身ケアがスムーズにできるように開発。

新旧デンキバリブラシを5項目で違いを比較

デザインの違い

新型デンキバリブラシ1

リニューアルしたデンキバリブラシ

より四角くボディ用は丸っと、カラーはマットブラックに仕上がりに。

リッド感がでてより洗練されたデザインになりました。

従来の電気バリブラシは自立しなかったのですが、新型デンキバリブラシは自立します。

ボタンは大きく従来のデンキバリブラシと比較して、分かりやすく使いやすくなりました。

新型デンキバリブラシ
新型デンキバリブラシはボタンが使いやすくなった

重量
・新型デンキバリブラシ:約197g(フェイス用)約278g(ボディ用)
・従来デンキバリブラシ:約155g

大きさはほぼ同じですが、アタッチメントがある分少し重くなりました。自立できる構造なので、しっかりした印象です。

従来のデンキバリブラシ

デンキバリブラシ画像

ツヤがありこれはこれでカッコイイのですが、リニューアルしたデンキバリブラシを見ると、新型デンキバリブラシの方がスタイリッシュに見えます。

自立しない仕様。

ボタンが小さくちょっと使いにくいです。

全身に使える!

新型デンキバリブラシ

旧型デンキバリブラシはフェイスモード一種類でしたが、リニューアルしたデンキバリブラシはボディにも使えるようになりました。

全体に圧をかけやすい円形のブラシが追加されました。ボディの曲線部分に吸い付くようにフィットする設計になっています。

EMSの刺激モードが違う!

フェイスモード

新型デンキバリブラシのフェイスモード
新型デンキバリブラシのフェイスモード

フェイスモードは3種類、強さ5段階

  • NORMAL MODE(ノーマルモード)
  • HARI MODE(ハリモード)New!
  • NAMI MODE(波モード)New!

旧型デンキバリブラシにもあるノーマルモードに加え、新たにハリモード、波モードが追加され3つのメニューから選択できるようになりました。

それでは3種類のモードを見てみましょう。

スクロールできます

連続で刺激される

1. NORMAL MODE(ノーマルモード)

連続的な低周波刺激を与えるモードです。細かなところまでピンポイントで集中的にアプローチすることで、時短ケアに最適です。

断続的な刺激

2. HARI MODE(ハリモード)

断続的な低周波刺激を与えるモードです。額やこめかみ、目元や口元など、特にハリを出したい箇所に最適です。

人の手でマッサージされる感覚

3. NAMI MODE(波モード)

波打つような動きのある低周波刺激を与えるモードです。まるで手技を受けているような感覚で、くつろぎたいときに最適です。

ボディモードNew!

新型デンキバリブラシのボディモード
新型デンキバリブラシのボディモード

ボディモードは2種類、強さ5段階

  • NORMAL MODE(ノーマルモード)
  • HARI MODE(ハリモード)

ボディは円形のブラシに48本のクシを搭載。ボディの曲線部分に吸い付くようにフィットできる設計になっています。

肩や背中、ウエストやヒップ、腕や脚など広範囲に心地よい刺激を与えます。

新型電気バリブラシのボディモードを詳しく見てみましょう。

スクロールできます

連続的な刺激

1. NORMAL MODE(ノーマルモード)

連続的な低周波刺激を与えるモードです。やさしくなでるように、リンパの流れに沿って動かすことで、肩甲骨周りや脚、腕やお腹など気になる部分に働きかける全身ケアに最適です。

鍼で打たれるような刺激

2. HARI MODE(ハリモード)

鍼でトントンと打たれるような、断続的な低周波刺激を与えるモードです。肩甲骨周り、ひざ裏や脇の下など、特に気になる箇所に集中アプローチ。そっと静止しておくだけで、簡単ケアが可能です。

EMSの刺激がもっと強く・もっと弱くが選べる!

新型デンキバリブラシと旧型デンキバリブラシの刺激の幅のレベル
新型デンキバリブラシと旧型デンキバリブラシの刺激の幅のレベル
  • 従来デンキバリブラシ:4段階の強度調整
  • 新型デンキバリブラシ2.0:5段階の強度調整

従来の電気バリブラシは弱モードにしてもピリピリ痛かったのですが、もっと弱くが選べるのはありがたい!

金額が違う!高くなった…

新型デンキバリブラシは税込217,800円で旧型デンキバリブラシは税込168,300円です。

旧型の方が多少安いですが、まだまだ高いですね…。

高額の電気バリブラシをいきなり買うのはハードルが高い。

筆者は電気バリブラシの効果を知りたかったので、Rentioレンティオでレンタルしました。

デンキバリブラシのレンタル料金
デンキバリブラシをレンタル

Rentio(レンティオ)のHPをネットサーフィンするだけでも楽しいので、ぜひのぞいて見てくださいね。

家電レンタルRentio(レンティオ)では500円&10%OFFクーポンが出てるので、お得にレンタルしてくださいね。

新型と旧型デンキバリブラシそれぞれおすすめの人

選ぶ基準は3つ

  • 旧型デンキバリブラシもボディに使えるがよりボディにフォーカスしたいか
  • 刺激の強弱に満足するか
  • 価格

上記の選ぶ基準で新型デンキバリブラシと旧型デンキバリブラシどちらがご自身に合っているかあてはめてみてくださいね。

新型デンキバリブラシ
おススメの人
旧デンキバリブラシ
おススメの人
  • ボディにも使いたい人
  • 従来の刺激に比べもっと強く・もっと弱くを求める人
  • 高額でも買えちゃう人
  • 主に顔回りに使用する人
    頭・顔・首・肩・デコルテ中心
  • 刺激の幅に満足してる人(もっと強く・もっと弱くを求めない人)
  • 少しでも価格が安い方がいい人

デンキバリブラシは人によって痛く感じることもあります。

家電レンタルRentioレンティオではデンキバリブラシのレンタルがあります。
購入前にEMSの強さや効果を試してみてくださいね。

公式https://www.rentio.jp/

実際に筆者が電気バリブラシをレンタルした効果や痛みをレビューしているので、ご参考にしてくださいね。

関連デンキバリブラシを2週間レンタルした筆者の口コミと感想|効果ある?

新型デンキバリブラシ2.0+ボディと旧型デンキバリブラシを5項目で違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

新型デンキバリブラシと旧型デンキバリブラシを5項目で違いを比較!どっちがおすすめ?のまとめです。

違い5つ
  • デザイン
  • 全身に使える
  • EMSの刺激モード(連続・断続的・波モード)
  • 強さが4段階→5段階(もっと強く・もっと弱くが実現)
  • 金額

従来の電気バリブラシでも十分ですが、痛みの感じ方はひとそれぞれ。

大事な基準は、EMSの刺激具合がご自身に合っているかどうかがキモになります。

美容家電って買ったときは頑張って使うのですが、続かないと意味ないですよね。

買って後悔する前に、まずは家電レンタルRentioでお試ししてから購入を検討してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる