【画像多め】個別米国株/ETFをドルで買うメリット2つ!SBI証券でドル決済の方法

スポンサーリンク

個別米国株はドルで買った方がいいってきくけど、実際どうなの?

やり方は慣れてしまえばとっても簡単!

✔この記事で分かること

・米国株を外貨決済するメリット

・円からドルにドル転する方法(画像多め)

これで迷わず、円からドルにドル転してドル決済できます!

SBI証券の口座をまだ開設されてない方は

【キャンペーン】SBI証券新規開設で15,000円ゲット!をご参照下さい。

では早速行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

個別米国株/ETFを円貨決済するメリット、デメリット

米国株は円でも買えます。

その実態は、

✔ 証券会社があたかも円で買っているように見せかけています。

✔ 実は後ろでしっかり1米ドルあたり25銭の手数料をとっています。

✔ SBI証券、楽天証券ともに同じ手数料です。

わたしは当初テスラ株を円で購入しました。

手数料600円超えって高い!!と驚きました。

テスラ株
円貨決済のメリットデメリット

メリット:外貨を用意しなくてもすぐ取引可能

デメリット:ドル決済と比べて手数料が高い

個別米国株/ETFを米ドルで購入するメリット、デメリット

個別米国株はドル表示です。

ドルで決済すると為替手数料がかかりません。

メリット1:円貨決済に比べて手数料が安い

住信SBIネット銀行で外貨預金を利用すると、1ドルあたり4銭で日本円から米ドルに両替できます。

SBI証券と住信SBI銀行にはハイブリット預金というシステムがあります。

このシステムを利用すると即時に資金の移動が反映されます。

資金の移動はもちろん手数料無料

※例)1ドル=100円の場合

決済方法為替手数料100万円あたりの為替手数料
SBI証券/楽天証券円貨決済1ドルあたり25銭2,500円
住信SBIネット銀行外貨預金1ドルあたり4銭400円
住信SBIネット銀行外貨積立※1ドルあたり2銭200円
※外貨積立についてはコチラの記事へ

100万円分だと円貨決済とドル決済の差は2,000円程度の差が出ます。

手数料はチリツモなので、コストを意識したいですね。

✔円高の時に円をドルに両替するとお得です。

例)1ドル=100円

 100万円をドルへ
1ドル=100円10,000ドル
1ドル=120円約,8330ドル

もし、まとまった円があれば、ご自身が円高と思われる時期に、一気にドル転するのも良い方法と言えます。

わたしは毎月のお給料からやりくりしているので、毎月ドル転してます。

SBI証券で円決済できますが、為替手数料が25銭と高いため、住信SBIネット銀行でドル転をおすすめします。

メリット2:配当金、売却益を再投資する場合はドル決済が有利!

配当金の再投資とは

米国株を配当(米ドル)で買うということ

米ドルで買った株の配当金、売却益はともに米ドルで受取ります。

その配当金や売却益の出た米ドルで、再度、米国株/ETFを買う購入資金に充てることができます。

すでにドルが手元にあるので、両替する必要がないですね。

為替手数料がかからないので、購入時のコストを抑えることが出来ます。

では、具体的に見てみましょう。

×円貨決済での失敗例

×円で購入すると為替手数料が2回かかってしまう例

✔円で個別米国株/ETFを買う(円→ドル)

→配当金または売却益を円で受け取る

→この円で再度、他の個別米国株を買う(円→ドル)

受取った配当金は、一旦住信SBIネット銀行に移して、また円を米ドルに両替します。

先ほど説明した1ドル4銭の為替手数料が再度かかってしまいます。

ドルで購入し為替手数料を1回に抑える

円→ドル転

→ドルで個別米国株を買う

→配当金または売却益をドルで受け取る

→このドルで個別米国株/ETFを買う

※ドルで株を購入した際は、ドルで配当金や売却益を受け取ります。

 

メリット1:円貨決済に比べて手数料が安い

メリット2:再投資する際、為替手数料がかからない

デメリット:円をドルに両替する手間が多少ある

次に具体的に円をドルに両替する方法を解説します!

慣れてしまえばとても簡単!

さっそく見てみましょう!

住信SBIネット銀行でドルに両替する方法(画像多め)

では、実際にどのような手順でドルを円に両替するか解説します。

ポイント

住信SBIネット銀行でドル転

SBI証券から住信SBIネット銀行のドルを取りにいくイメージです。

住信SBIネット銀行とSBI証券の画面が切り替わる場面があるので、

黄色の背景:住信SBIネット銀行
ブルーの背景:SBI証券

で解説します。

それでは、住信SBIネット銀行の画面から見てみましょう!

Step1:住信SBIネット銀行での操作

Bankでの操作

1)住信SBIネット銀行にログイン>外貨普通預金をクリック
2)米ドル/円の<買付>をクリック
3)購入金額などを入力しWEB取引パスワードを入力

【注文方法】
リアルタイム:リアルタイムでの為替レート
指値:〇〇ドルになったら買う、と言う指示

わたしはいつもリアルタイムです。

【買付金額】
円指定でも米ドル指定でも、どちらでも可。ちなみに、わたしは米ドル指定です。理由はSBI証券の画面で「〇〇ドル入金」と入力するので、切りのいい数字のドルだと覚えやすいためです。

3)内容を確認し<確定>する

10秒のカウントダウンが始まりますが、焦らず確定をクリックしましょう。

4)注文完了

お疲れさまです。あともう少しです!

次にSBI証券の画面で入金支持を出します。

Step2:SBI証券での操作

証券会社での操作

1)SBI証券にログイン>入金・振替>外貨入出金

SBI証券にログイン

SBI ドル転 外貨決済
2)振込金額、取引パスワード、振込指示確認

振込み金額は米ドルなので、住信SBIネット銀行3)で購入したドルの金額を入力する。

3)振込指示

Bankの画面に遷移します!

4)住信SBI銀行の画面に切り替わる

住信SBI銀行のユーザーネーム・WEBログインパスワードを入力する。

5)内容を確認しWEB取引パスワード入力、確定

証券会社の画面に戻ってきました!

6)SBI証券の画面に切り替わり、内容確認で完了!

お疲れさまでした。慣れるとタイピングしているように簡単にできます!

まとめ

【円貨決済がおススメな方】

・面倒な手間をかけたくない方

・多少手数料がかかっても気にしない方

【ドル決済がおススメの人】

・取引手数料にかかるコストを抑えて、配当金・売却益を再投資する方

・ほんの少しの手間をいとわない方

為替の値動きを気にして、ドル転できない、と言うマインドに陥ってしまっては本末転倒です。

例え少しドル安でドル転にコストがかかったとしても、そのタイミングで買った株価が上がれば、その差は誤差程度に抑えることができますね。

為替の差は解消されます

もっと為替手数料抑える方法ないのかな?

はい、外貨積立だと1米ドルあたり2銭に抑えることが可能でです!

ご自身の負担にならない方法で、投資を楽しみながら続けたいですね。

コメント